タグ:京都案内 ( 47 ) タグの人気記事

京のオトナの修学旅行・初夏
今月は色々とご掲載いただいたこともあり、沢山のお問い合わせ・ご注文をいただきありがとうございます。現在はメールの返信やオーダーのお届け、製造にお時間をいただくこともあり・・・申し訳ありません。

繊細な作業が多く制作途中で集中が切れないように、製造とメールのご返信には時間を分けて対応させていただいており、ご返信などもシステマチックにならないようお一人お一人にゆっくり時間をかけさせていただいておりますのでご理解の程宜しくお願いいたします。


さて、ずっとお休みがない状態だったのですが「これでは心の余裕がなくなる!」と、いつものお稽古のお友達と京のオトナの修学旅行第3弾に行って来ました。
今回こそ『オトナ』度全開です。
f0184004_20442110.jpg
まずは一服から。
心を落ち着けてから始まるのは・・・f0184004_2044481.jpg
妙心寺の塔頭の一つ、東林院の『沙羅の花を愛でる会』

「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす」と平家物語の冒頭に出てくる『沙羅』の木。


お釈迦さまが入定された時、いっせいに開きその死を悲しんだと言われる木ですが、インドのそれとは違う種類だそうで、夏椿とも言われるこの沙羅の花は朝咲いて夕刻には散ってしまうということから「一日だけの生命を無常だと悲しまず与えられた一日だけの生命を精一杯咲き尽くしていると考え、二度とめぐり来ない今日一日を大切に」
などと和尚さまの話を聞き様々な想いを馳せました。



f0184004_2045051.jpg
その後は奥の間で精進料理をいただきました。
湯葉や賀茂茄子の田楽、小松菜の胡麻和え、じゃがいもで模った沙羅の花、ピーナツの紫蘇巻・・・etc
どのお料理も美味しくて素材の味も活き、恵みに感謝しながらいただきました。
こちらのお寺は普段も精進料理のお教室をされているそうで・・・今度行ってみようと思います!

そして妙心寺内を北へ歩いて嵐電『妙心寺駅』へ。
嵐電は住宅地を走る路面電車で、仁和寺や太秦なども通り、駅にも風情があります。
帷子ノ辻で乗り換えたときには何故か鬼太郎電車が???
f0184004_21174930.jpg

f0184004_21175924.jpg
嵐電終点の嵐山で下車し、デザートには新名所?のジェラート屋さんへ。



渡月橋東詰め南側にあるお店ですが2010年の国際ジェラートコンクールで世界3位になられたという『プレミアムピスタチオ』


ピスタチオの香りが口の中で
『これでもかっ』
というくらい広がる逸品でした。


この日は曇りながらもジメッと暑かったので溶けるのも早く・・・が、溶ける前にペロッと食べましたけど。。。


f0184004_21181083.jpg
f0184004_21182554.jpg
最後にはトロッコ列車に乗り、遊園地のアトラクションのようなガタゴトすごい音と振動を楽しみつつ、雄大な景色と美味しい空気、マイナスイオンを堪能して今回も観光目線の京都を満喫しました。

初めにご紹介した東林院の「沙羅の花を愛でる会」は30日まで開催されており、予約ナシで楽しめますのでお時間がある方は是非一度訪れてみて下さい。



ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2011-06-20 20:20 | Kyoto

吉田神社の節分・火炉祭へ行ってきました!
毎日のように雪の被害が伝えられ、九州でも新燃岳の噴火などがあり毎日心配なニュースばかりですが、京都では1月の雪の日々が嘘のように、今週はやわらかな日差しです。
毎年2月の節分は雪が降っているのですが今年は暖かかったので23時から始まる吉田神社の火炉(かろ)祭に行ってきました。
f0184004_11362671.jpg
吉田神社の節分祭は有名で東大路通りからの参道に800店もの屋台が並び毎年すごい人出なのですが、22時ごろだったからかいつもより人が少ない・・・

と思いきや、火炉祭に向けて入山を制限されるのでもう殆どの人は上がっていらっしゃいました。
火炉祭とは本社の三ノ鳥居前に直径5m高さ5mもの巨大な八角柱型の火炉を舗設し、節分祭中参拝者が持参した旧い神札が積み上げられ浄火を点じて焼上げるという神事。
炎が無病息災をもたらし参詣者に新春の幸運を授けると言われています。
火を点火する前にはご祈祷があり、周りは大勢の人・人・人でひしめき合っていましたが闇の中とても神妙な時間が流れていました。
f0184004_11413810.jpg
f0184004_1147870.jpg
遠巻きに見ていてもパチパチと音を立てる火の勢いはすごくて熱い!

その後、山の山頂近くにある大元宮へ参りました。
大元宮は全国の八百萬の神々が祭られている社で節分際の3日間だけ特別に参拝できるので大変貴重です。
f0184004_121191.jpg吉田神社で有名なのはこの『だるまみくじ』。(左のものは屋台に並んでいた名前みくじ)
だるまの中におみくじが入っていて起き上がりこぶしみたいにとてもかわいいです。
それが面白かったのか、アミ部長が猫みたいに手で何度もコツいていました。
おみくじは・・・一言で言うと『怠けず頑張れ』って事みたいでした(笑)

2日夜には鬼も出る吉田神社の節分祭。
一度足をお運びくださいね。


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2011-02-05 12:07 | Kyoto

京のオトナの修学旅行・秋
12月も、もう中旬に近くなり随分寒くなりましたね。
でも陽の当たる日中は暖かいのでまだ秋の続きのような・・・そんなに冷え込んではいないと思いますが皆さんのお住まいの辺りはいかがですか。

さて、春に引き続き11月の終わりにお稽古ごとのお友達と『京のオトナの修学旅行 第2弾』に行ってきました。 今回も前回と同じく 体験+お食事+散策 の充実コースを考えました!
f0184004_19143293.jpg
体験は御所の西側にある『安達くみひも館』で組紐ストラップ作りを。
初心者でも出来る4色の組紐ということで、色から選ぶのなら大変!と思っていましたが、初めに少し組んでおいてあるものが100パターン位あって、その中から自分のイメージに合うものを選びました。
組紐の作り方は・・・写真のように木の台の中央に錘を付けた4色の糸を通し、上下の紐に両手をかけて180度移動→その横の紐に手をかけ替えてまた180度移動・・・の単純作業の繰り返しのはずなのですが難しい!!
みんな始めは和気藹々と話していましたが途中から無言になり・・・・・真剣っ。
f0184004_1953275.jpg
約30分程で組みあがり、こんなストラップに! 初めから付けていた自分のストラップの石と色を合わせたかったのでこの4色組みを選んだのですが、ぴったりいい感じになりました~。

そのあと徒歩で麩嘉さんへ行き、青海苔の風味が美味しい生麩の麩饅頭を購入し、タクシーで今宮神社へ。紅葉もまだ美しく、境内は七五三詣りの方々で華やかでした。
f0184004_2041993.jpg
f0184004_2011205.jpgここでのお勧めは『阿保賢さん』

「重軽石」とも呼ばれるこの石は
手の平で三度石を打ち、
持ち上げるに、たいそう重くなり、
再度願い事を込めて
三度手の平で撫でて持ち上げる。
軽くなれば願いが成就する
と言い伝えられております。
(今宮の奇石の説明書きより)

不思議な奇石。
私も試しましたが・・・
少しだけ軽くなったような気が?

ということで
何とか願いが叶うのではないか
いや、頑張れば叶うはず

・・・ということですか。
ね?


f0184004_2017386.jpgそしてお昼の予約の時間までまだ1時間ほどあったので今宮名物「あぶり餅」を。

今宮神社の東に北側・南側と2軒のお店があるのですが、何故か昔から南側のお店「かざりや」さんによく行きます。


きな粉を付けた小さなお餅を先が2ツに割れた竹に刺し、この道何十年のおばちゃまが炭であぶって焦げ目をつけてくださいます。

そのお餅に甘い白味噌のタレがかかり、なんとも言えない優しくふくよかなお味。
京都人は普段でも白味噌をよく使うので馴染みのある味なのですが、京都以外の方々も『美味しい!』って気に入ってくださったので勝手に得意げになってました(笑)
ちなみに1人前15本で普通のお餅1個分だそうです。
f0184004_20285987.jpg


そして大徳寺の中を散策しつつ「紫野 和久傳」さんへ。
医食同源に基づく「典座料理(動物性食材を使わず滋味滋養をまっすぐ届け心身を健康にする食事)」のコースをいただきました。
f0184004_20513383.jpg
f0184004_215148.jpg食前には竹筒に入った日本酒を・・・。
先付から次々と9品、くるみ豆腐あり大徳寺麩あり、こう茸から松茸まであり大満足のお食事。


そして最後にお薄と『西湖』
れんこんのもちっとした口当たりの中に広がる和三盆の上品な甘みが美味しい、言わずと知れた伝説のお菓子です。

その後は近くの「おはりばこ」という和古布を使った髪飾りや小間物のお店でお買い物したり、お風呂屋さんを改造したcafe「サラサ西陣」でお茶をして今回もワイワイ楽しく京都を堪能しました。

つぎはまた春、楽しいご報告をお待ち下さいね。



ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-12-10 18:44 | Kyoto

秋の散策?修行?? ・・・鞍馬から貴船へ
秋です!  だからなのか・・・食べても食べても無性にお腹が空きます!!
何を食べても美味しい季節なので我慢は禁物。
忙しくなってきたので今しか食べられないものをしっかり食べ、病気にかからないよう備えてます(言い訳?)

でも食べてばっかりでは流石によくないので、紅葉狩りがてら『鞍馬・貴船』へ行ってきました。
f0184004_20321385.jpg
鞍馬寺仁王門。小学校のときに遠足や友人の案内で何度か訪れていたにもかかわらずあまり思い出せませんでしたが、このあと『観光』ではなく『山登り』が待っていたとは・・・

f0184004_20342267.jpg








仁王門をくぐり
由岐神社へ行く
までにある
魔王の滝には・・・





ドラゴンボール???










f0184004_20505093.jpg
40分ほど歩くと本殿金堂につきます。
写真にも写っている六芒星は鞍馬山の中でもエネルギーの高い場所として有名で最近はパワースポットとして人気のようで、中央に立つ順番待ちの行列が出来ていてびっくり!
あ、もちろん並びました(笑)

f0184004_20511126.jpg
鞍馬寺は京都の北方、山麓にあるので少し肌寒い分紅葉がキレイでした。

f0184004_21515212.jpg

鞍馬奥の院から貴船に抜ける山道。




さすが牛若丸(源義経)が鞍馬の天狗に剣術・妖術などの武芸修練を受けたと伝えられるだけあり、かなりの傾斜・・・


途中には魔王殿や背比べ石、鐘堂、写真のような大杉権現への道など見所が沢山あったので1時間ほどの登山もあっという間でした。
(鞍馬から貴船へ抜けるルートの方が登りがマシですので、行ってみようかな・・・と思われた方は鞍馬からの道をおススメします。)




f0184004_20521791.jpg
貴船神社ではあまりにも有名な「水占い」も・・・
f0184004_20524972.jpg
帰りは貴船口から叡山電鉄に乗りましたが、そちらも紅葉がキレイでした!

そしてあまり知られていない転法輪堂の「1丈6尺の阿弥陀仏」は必見だと思います。
足元まで近づき阿弥陀仏の手と繋がっている綱を持って先祖に感謝を捧げるための場所なのです・・・。
何だか別世界・別空間のような転法輪堂で、少しいろんなことを考える時間をいただきました。


これから鞍馬に行かれるご予定のある方にひとこと・・・
私は初めから山を越えるつもりだったのでそれ相応な格好をしていましたが、中には「観光のつもりできたのに・・・!!」みたいな方もチラホラ。
本殿へ行くまでの道も傾斜がすごく石段も砂利道のようなところもあるので、どうぞヒールのない靴でケーブルカーに乗らずに参詣してくださいね。



ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-11-18 22:19 | Kyoto

そうだ、京都へいこう! -東福寺・泉湧寺-
京都は朝夕涼しくなって参りました。
紅葉は例年11月中ごろくらいから始まるのでまだまだですが、先日友人が京都へ遊びに来たので一緒にお寺めぐりをしてきました!

何度か京都へ来ている友人+その友達だったので、「ザ・観光地」よりは『ゆったりお寺とお庭』をメインに選び、東福寺泉湧寺へ。
f0184004_1621535.jpg
東福寺八相の庭  手前には四仙島(石)と八海(砂紋)を表し、奥には苔生した築山で五山を表現しているそうです

f0184004_16324373.jpg






北庭
重森三玲による作庭



市松模様の敷石とウマスギ苔の対比が、いつまで見ていても飽きませんでした 










f0184004_1623236.jpg
現存最古最大と言われる国宝の三門

f0184004_16325841.jpg






通天橋
ここは京都の広告やCM、はたまた京都が舞台のドラマなんかには必ず登場する、言わずと知れた紅葉の名所です。

紅葉の時期には90分待ち!?ということもあるそう。
まだ紅葉には早かったのですが、それでも緑がとてもきれいで絶景でした。








f0184004_16483096.jpg
東福寺塔頭の芬陀院にも行ってみました
図南亭(茶室)の窓から望む東庭
ここの鶴亀の庭は雪舟が作庭したといわれています。

広い東福寺を堪能するのに3時間もかかったのでもうフラフラ(笑)
泉湧寺に行く前に京阪・東福寺駅まで戻り、お昼ごはんはおうどんを・・・
f0184004_1658164.jpg
通天もみじうどん
湯葉で通天橋を表現し、紅葉の生麩と京風出汁が友人たちにも好評でした!

東福寺駅から歩くこと20分、緩やかな坂道が長く続きすこし息切れがしそうになった頃、ようやく泉湧寺に到着。
f0184004_1733379.jpg
見た瞬間、頭にはもう坂本冬美さんの「また君に恋してる」が流れました
・・・もちろんエンドレス・・・

f0184004_1762884.jpg






泉湧寺は「御寺」と、皇室の御香華院(菩提所)として深い信仰を集めているということで、御座所ではお庭以外の写真はありません。


京都市内のなかでも少し端のほうにあるので、清水寺や嵯峨野のほうに比べると人も少なくとてもゆったりとした時間が過ごせますのでかなりおススメです!







f0184004_17174596.jpg





この二寺を廻るだけでもう夕方・・・

歩いて三十三間堂まで行こうと思っていたのに無理だったので甘味処で一休みして京都東福寺周辺観光は終了しました。










泉湧寺では10月28日から「観○光  KANHIKARI ART EXPO 2010」というアートイベントがあり、お世話になった先生や大好きな作家さんなど多数参加されているので、期間中には再度いこうと思っています!

f0184004_17221564.jpg
2010/10/16(土)~11/14(日)圓通寺
2010/10/28(木)~11/7(日)二条城・清水寺・泉涌寺
時間は各会場により異なりますので下記HPを参照下さい
入場料無料(*ただし各場所の入場料が必要です) 
観○光 HP

京都に来られる予定がございましたらこのイベント中に是非、おススメの泉湧寺・東福寺へ!
もしかしたらどこかですれ違うかもしれませんね・・・


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-10-20 23:05 | Kyoto

まだまだ終わらない夏・・・
京都では五山の送り火や地蔵盆も終了し、『夏ももう終わりだな~』という感覚なのですが
連日のこの暑さは何なのでしょうか?

f0184004_11534640.jpg
f0184004_11535999.jpg今年から送り火当日は鑑札を持った人しか入山できないことになったので14日に登りました!
朝6時に家を出て往復1時間ほどの登山ですが、少し曇っていたので暑さはいくらかマシでした。。。



左の写真は私の部屋から今年の大文字送り火の様子。

写真では上手に写っていませんが、オペラグラスで見ると人が見えるくらい近くて火床一つ一つがはっきり判るのです。

水に灯を映して飲むと無病息災と言い伝えられていますので、今年も一口。
アミ部長にも一口。

ご先祖様、お気をつけて。



京都では『地蔵盆』という慣わしがあり、だいたい8月24日前後に各町内にあるお地蔵様に集まりお供えをします。その後は夏祭りのようなイベント(福引やお菓子配布、ゲーム大会や演奏など)が各々子どもが中心になりお地蔵様を囲んで繰り広げられます。
アミ部長と散歩に行ったときに近くの公園でその用意をされていたのでパチリと一枚。
f0184004_11541156.jpg
そういえば自分の名前を書いてもらった提灯もいつも揚げてもらってたなぁ、近所の上級生に初めて将棋を教えてもらったりしたのも地蔵盆だなぁと思い出したりしました。



まだまだ夏の終わる様子はありませんね。
ニュースでも9月まで猛暑が続き、秋が来ないかも・・・と言ってましたが。
家にいるアミ部長も夏は得意ではないので大好きな散歩も少なめにしています。

でも。。。
f0184004_11475458.jpg
部長専用のプールで毎日涼をとっています!
宅配業者さんやお客様に「あれ?お子さんいはったんですか??」と聞かれますが・・・

・・・い、いえ・・・お犬様のです。




ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-08-23 11:40 | Kyoto

白イ烏(カラス)の日傘
毎日『ゲリラ豪雨』と名づけられた激しい雨が全国各地で被害を及ぼしていますが、今日の京都もお昼過ぎには空が急に真っ暗になってその豪雨に見舞われ、雷も激しく不安な天候が1~2時間続きました。
皆さんのお住まいはご無事だったでしょうか。

f0184004_21461739.jpg
今年は梅雨らしい梅雨と言うべきか、なかなか日傘の出番が少ないのですが・・・

本日(7/7)より東京・南青山の『白イ烏』さんにて夏にうれしい和小物たちをいっぱい集めた《涼しげグッズ特集》が始まりました。

京都の職人さんたちの丁寧な仕事によって作り上げられた着物や帯が販売されている、すべてMade in KYOTOのお店です。

この特集では扇子・かんざし・浴衣・下駄、そして日傘が展示販売されているのですが・・・
傘はご依頼を受け当店でお創りさせていただいた1点もの日傘なのです!


写真左はシルク楊柳生地と綿生地の二重張り傘。
手元は漆塗りのものを使用し、とても繊細でハイグレードな日傘です。
一枚だと全く日傘の意味がない薄いジョーゼットの生地でも、下に綿生地を重ねることによって意味を成し、上下の生地の間に少し隙間が出来るので光や影で印象が様々変わる美しい一本。
こちらの生地での傘は加工が難しく(かなり苦労しました・・・)とても珍しいのでぜひ手にとって見ていただきたいです!


f0184004_21434543.jpg
そして他には、このような着物の反物もムガシルク(インド・アッサム地方に生息するヤママユガ科の野蚕の一種から手作業で紡がれた絹織物のことで、糸が自然のまま金色に輝いています。)と組み合わせて
f0184004_21392411.jpg
上品で素敵な日傘に・・・
モダンな柄いきなので着物はもちろん、どんな年代の方、どんなお召し物でも合う傘になりました!


f0184004_2137915.jpg
そして落ち着いた金色の縞文様シルクでの折り畳み傘や長日傘があります。
数が限られていますのでぜひお早めに足をお運び下さい!

白イ烏』さん  (HPはコチラ)
東京都港区南青山5-12-2
12:00-20:00 年中無休(年末年始を除く)


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-07-07 22:09 | Kyoto

京のオトナの修学旅行
少し前ですが、お稽古事のお友達と京都満喫ツアーに出かけました。
私以外の4人は京都出身ではないのと食べることが大好きということで、時間やルートのことも含め色々考えました!地元民だからこそ「知ってるけどなかなか行かない」所や、大好きなお店をを紹介したくて企画したのでその1日をご紹介しますね。

やっぱり『オトナ』ですから雅の世界も知っておかなきゃ(?)ということで、『聞香(もんこう)』体験のため御所の西側にある「山田松香木堂」さんへ・・・
閑静な住宅街を歩いていくとほんのり漂ってくる香のかおり。暖簾をくぐり沢山の香木が入った引き出しが壁一面にある店内を通り、苔の美しいお庭を通り抜け案内されたのは離れの和室。
何だかアプローチまでも素敵で初めての聞香に期待が膨らみます。
f0184004_15394121.jpg
f0184004_15592567.jpgこちらは志野流だそうで、香についてのちょっとした知識や聞香の作法についてレジュメ?を使ってご説明をいただき、そのあと実際にお道具を使ってお手本を見せていただけるので初めてでも判りやすくすぐに香の世界に入り込めました。
目を見張るのが先生(店員の方)の無駄のない美しい所作・・・惚れ惚れします。

そして「出香(しゅっこう)~」
スティック状のお香は毎日のように焚くのですが、このように香木を銀葉の上に乗せて・・・とは知らず、またその深く上品な香りを聞くと日々の忙しさや騒音を忘れ心が落ち着きました。

それにしても、自分の鼻のいい加減さにはがっかり(笑)


ゆったりとした時間を過ごした後、近くの「本田味噌」さんや「澤井醤油」さんを案内し、駆け足ながらも沢山の調味料を選んで祇園へ移動。
ランチは歌舞練場近くの「Abbesses(アベス)」さんへ・・・
美味しいのはもちろん京野菜をはじめたくさんのお野菜がいただけるのと、コース最後のデザートはそれぞれ別のものを出して下さるので、とっても大好きなフレンチのお店です。
f0184004_16263147.jpg
デザートがきたらみんなキャーっとテンションが最高潮になってしまって・・・目からハートが出てました。

f0184004_16335299.jpg

大満足のランチの後はちょっと散策・・・ということで、途中「原了郭」さんによって黒七味や香煎などを購入し、この界隈にあるパワースポットへ!


ここは八坂神社にある
美御前社」。

美の力水を数滴顔につけると身も心も美しくなるという美容水が湧き出ています。

あまり知られていないのか本殿までは人を沢山見かけたのに、ここは疎らでその静寂がまた雰囲気漂う空間で・・・何か穢れが取れたような?美しくなれたような???
(たぶん気のせいですね)



f0184004_16445553.jpg

八坂神社から清水寺の方に抜けて、少し観光気分も味わおうと歩きましたが・・・土曜日だったせいか人もいっぱい!


久々にこのあたりを歩いたのですが、細い路地も新しいお店がいっぱい出来ていて『the観光地』になっていたのでビックリしました。


でも、このあたりの石塀小路や八坂の塔が見える細い道の風情はずっと変わりがなくて大好きです。





オトナの〆は祇園の「OKU」でまったりとお茶を。
このお店は美山荘の中東さんがプロデュースということで、季節感があふれるメニューが魅力です。
f0184004_16545445.jpg私はヨモギロールと蕨餅のセットを注文し、「蕨餅は先ほど練ったばかりです」と仰っていた通りプルプルモチモチ。
最後にとても贅沢な空間で1日を思い出して語り合い、京の雅に浸った優雅なときを愛しみました。

ご案内した皆さんとっても喜んでいただいたので、今度は早速川床とか、鮎とか、浴衣とか・・・夏の会の話も出ていました。
オトナの修学旅行第2弾、ご紹介できる日も近いと思いますのでお楽しみに・・・


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-05-23 17:12 | Kyoto

今日の京都は春うらら・・・
f0184004_2359172.jpg
今日は朝からとても暖かく、気持ちいいお天気でしたね。
でも、お昼くらいから風がすごくてビュンビュンゴォゴォ~!

夕方のニュースでは中国からの黄砂だったことが判明。
そういえば今日の散歩は目が痛かったし、比叡山がすごく遠かった・・・



桜速報と大げさなものではありませんが、少しづつ咲いてきていますのでご報告。

この写真は今日の下鴨神社入り口付近。
枝垂桜が咲いていました。
アミ部長も桜と一緒にパチリ。


ご近所では大迫力の白木蓮、
その近くの公園では十数本ある吉野桜の内、1本だけが咲いていました。
他は全くだったのに何故???
いたるところで花が開花し、新芽も美しくて春はやっぱり気分がウキウキしますね。
f0184004_0363863.jpg
f0184004_037174.jpg


これは2、3日前の高野川(北大路通りから南に下がった辺り)です。


アミ部長が橋の上から観察してくれましたが・・・

『うーん、桜はマダみたい』










ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-03-20 23:49 | Kyoto

京都の過ごし方 -ある日の休日-
つい何日か前には雪が降り、「寒~(さぶ~)」と言ってたのに今日は小春日和。
京都市美術館横の池のカメも冬眠から覚めて石の上で日向ぼっこしてたとニュースになってました。うーん、また寒くなったらどうするんだろう・・・

カメはさておき、少しでも暖かくなったら京都は歩くほうが数倍楽しめます!
先日の休日は荒神口で友人の展覧会があったので見に行った後、気の赴くままにテクテクいろんな所へ行きました。
ランチはいつもお世話になっているALOHANAさんへ
f0184004_22454285.jpg
名物のベーコンチーズバーガーにアボガドをプラスしてもらいました。ジュワッとジューシーなお肉に、すごく美味しいスパイス、その他の具とバンズとのバランスも良くって◎ お腹もいっぱい大満足でした!
その後徒歩約10分、これまた友人のお店TORYBAZARに大好きな50穀米を買いに行き、徒歩約10分で大好きなお姉さんがいらっしゃる寺町の『TORINOUTA』さんへ。
その後お天気も良かったので御所へ入り、梅園を見に行くと少しだけ咲いていました。
f0184004_22543299.jpg
f0184004_22544648.jpg

ここまできたら御所西のお醤油やさんへ行きたいな・・・足を運びましたがお休みで、のども渇いてきたのでどこかでお茶をと南へ下がっていくと黒メックが近かったのでとりあえず行ってパンを購入。

歩き始めて1時間半、そろそろ足も疲れてきたのでいよいよカフェへ・・・と急いでいましたが『そういえば言えばこの近くの漫画ミュージアムって入ったことないな』って事で急きょ行きました。
入る前に手前のカフェでお茶をしたのですが、壁にはいろんな漫画家さんの絵とサインがっ!!
f0184004_22595232.jpg
残念ながらあまり漫画に詳しくはないのですが・・・すごさは判ります。反対側の壁にはアンパンマンやマリオ他、見たことあるキャラクターがいっぱいでした。全部直筆、見てるだけでも楽しいです。ここはカフェだけの利用も出来るので、是非!
へんな時間でしたが昔の小学校をそのまま使用した漫画ミュージアムに入り、年間パスまであって入館するまでは『流石に年間パスは要らないよね』って思ってましたが、入ったらホントにたくさんの漫画があってビックリ!!気づけば閉館までいました(笑)
ハマイ(友人でペンネームは内緒)の漫画も全巻そろってたよ!(報告)
私は中学校の頃に大好きだった一条ゆかりさんの『有閑倶楽部』と川原泉さんの漫画にどっぷり浸かってました~。また行かねば。。。

ということで、調べていけばもっともっと楽しいお店があるので、旅行に来られる方も是非気ままに歩いてみてくださいね。

ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-02-09 23:15 | Kyoto


京都の洋傘製造卸 ・小野内商店 『持っているだけで嬉しくなる傘』をコンセプトに、オリジナルブランド傘やオーダーメイドを始めました。クリエイターのkawoliがお出かけ傘をお作りする日々のことを綴ります。

by 京都 洋傘製造 小野内商店 kawoli
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
link
京都・オーダーメイドの傘 創業1903年 小野内商店

京都・季節を感じる素敵な生活雑貨
TORYBAZAR

京都・坪庭のあるギャラリー
アートスペース感

京都・三条烏丸
乙女文化発信クリエイター  koha*

京都・御幸町四条     心和むヘアサロン
FEVRIER


生活に新たな視点と潤いを提供するプレミアムライフスタイルマガジン +SIGHT

祇園・富美代別棟、FOBA建築のアートスペース
ASPHODEL

検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧