傘屋のミシン
生地から傘になるまでには何十もの工程があり、ほとんどが微妙な手仕事ですが無くてはならないものは・・・ミシン

傘の形に断った生地を縫い合わせるミシンも、普通のものではなく下糸のない特殊なミシンだし、今日ご紹介するのも傘の「ネーム(傘を閉じたときに生地が開かないように留めている紐のような部分)」を付ける為のミシンです。
f0184004_21383251.jpg
市販の傘をよく見ていただければ殆どの縫い目が D になっていると思いますが、それはこのミシンで縫っています。足のペダルを踏むと自動的に針がダダダダダっとDマークに縫われ、しかも糸まで勝手に切ってくれる、とっても仕事の速い「使えるコ」なんです。
(手前のこげ茶色のレバーみたいなのが糸きりです)

薄い生地や厚手の生地には向いていないので手で縫い付けたり、用途や生地、デザインによって当店ではいろいろな方法をとっていますが、ミシンでつける場合の手順としては、生地を縫い合わせた後、骨に生地を張るまでにネームをつけているんですよ。今日はネームつけたりの日だったのでご紹介してみました。

実はネームをつける位置にもこだわりがあるのですが、それはまた別の機会にお話しますね・・・



ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-12-15 22:03 | Umbrella
<< 日帰り金沢 玄関が占拠?! >>


京都の洋傘製造卸 ・小野内商店 『持っているだけで嬉しくなる傘』をコンセプトに、オリジナルブランド傘やオーダーメイドを始めました。クリエイターのkawoliがお出かけ傘をお作りする日々のことを綴ります。

by 京都 洋傘製造 小野内商店 kawoli
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
link
京都・オーダーメイドの傘 創業1903年 小野内商店

京都・季節を感じる素敵な生活雑貨
TORYBAZAR

京都・坪庭のあるギャラリー
アートスペース感

京都・三条烏丸
乙女文化発信クリエイター  koha*

京都・御幸町四条     心和むヘアサロン
FEVRIER


生活に新たな視点と潤いを提供するプレミアムライフスタイルマガジン +SIGHT

祇園・富美代別棟、FOBA建築のアートスペース
ASPHODEL

検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧