人気ブログランキング |

アンティークの傘の衣替え

2021年初めての投稿となります・・・
ずいぶん経ちましたが、今年もよろしくお願いいたします。

コロナの話題はもう飽き飽きだと思いますので、そこにはあえて触れずに
順調に元気な社会が取り戻せましたら2021年5月28日fri-30日sunで展示会を考えております!
昨年末に羽根柄の晴雨兼用傘を早めに発表いたしましたが、展示会は羽根をテーマにふわふわ羽根の付いた日傘と鳥柄のレース生地の二重張り日傘も準備しています!
それも本当にかわいくて自信作なのでぜひお楽しみにお待ちください。

今回ご紹介する傘は、アンティークの日傘張替えです。
アンティークの傘の衣替え_f0184004_18175993.jpg
手元がステキ過ぎる装飾の陶製で、取り扱いにとても緊張しました・・・
お客様によると『仙台のアンティーク家具やさんで見つけたセイブル社製の傘』ということ。

もともとのシルクっぽい生地は二重ばりとは違う二重に縫われた生地を傘に仕立ててあるものでした。
アンティークの傘の衣替え_f0184004_18175977.jpg
パーツは真鍮製でしっかりはしていたものの、現在の骨に比べて親骨が細くかなりしなりやすい・・・
そして露先はもう取れなくなっている・・・
かなりの難問でしたが麻などの重めの生地ではなく、骨に負担の少ない綿の生地にして何とか張替え成功しました!
アンティークの傘の衣替え_f0184004_18175918.jpg
張替え後の生地もシワがいくことなく柔らかく美しいフォルムもでて

「期待していた通りの丁寧な仕上がりに満足しております」

とご感想をいただき、ホッとしました。


アンティークの傘はしっかりと生地が残って開けるものが少なく、

張替えのご依頼で貴重なものを生で拝見して傘の勉強をさせて頂けるので、

私たちもとてもありがたい機会です。

その分本当にお取扱いに緊張し、新しい生地になった時に骨の弱いところが壊れる可能性もあるので、

張り替えて初めて開く時のドキドキ感、、、半端なく寿命が縮みます(笑)

以前も生地に書きましたが、サスティナブル(持続可能な暮らし)を意識してこれからも真摯に向き合った仕事を続けていきたいと思います。


日傘張替え
親骨50㎝ 8間 アンティーク傘
・傘生地 当店ご用意の、綿100%生地
・傘骨・手元・露先は元の傘のものをそのまま使用しています
・ネームボタン 木玉カレハ

*アンティークの傘も、よっぽどのものでない限り普通の張替えの基本料金で張替えさせていただいております。

<傘は製造国・製造年・ブランドなどにより全て規格が違うため、自社製品でも張り替えられない場合が多い難しい作業ですが、永く大切にお使いいただきたいので、当社製品でないものもお受けしています。詳しくはHPをご覧ください>


by nottica | 2021-01-29 19:09 | Parasol