笑いの芸術と人間国宝の技!
まだ少し暑さも残る日もありますが、一足早く「芸術の秋!!」
を肌で感じてきました。

f0184004_2144218.jpg
まずは大阪・松竹座での『松竹新喜劇 60周年記念公演
歌舞伎、オペラ、宝塚歌劇、劇団四季、落語、現代劇etc・・・様々な舞台は観劇していますが、松竹新喜劇は初めて。
で・・・目から鱗でした!
関西では新喜劇といわれるものもTVで見慣れているはすなのですがそれとは全く違い、舞台としてのストーリーや笑いのグレードが高く、初めの演目は現代劇風の「裏町の友情」は涙を誘う物語、特別出演の劇団と縁のある方々と劇団員さんの口上をはさみ、藤山寛美さんの十八番だった「鼻の六兵衛」のリメイク「鼻のお六」は歌舞伎の世話物のような舞台・・・とバラエティ豊かな3本立て。三代目渋谷天外さんの絶妙な間と動き、藤山直美さんのお六の所作や演技、まさに感動的な芸術でした!!
周りは両親くらいの夫婦や年配の方々ばかりで、私と友人の若い?女性2人組は少々浮いていましたが、こんなにも面白くて素晴らしいのに勿体無い!と思います。
10月4日まで公演をされているようなので若い方にももっと見ていただきたいです。

そしてもう一つは京都造形芸術大学内にある劇場・春秋座での四代目坂田藤十郎さんの「近松座」。演目は『ご挨拶』『封印切』『連獅子』でした。
大好きな演目2つにとてもワクワクしていました・・・ら、席に着くと私の前の方々が・・・・・
f0184004_21581679.jpg
宮川町の舞妓さんや芸子さん方ばかりで勝手に緊張してしまいました(笑)
封印切はとても思い入れのある演目で、封印を切るときにはそれぞれの「型」があるというもの。
以前見た仁左衛門型とはどう違うのかな~なんて思っていましたが、藤十郎さんの忠兵衛と愛之助さんの八右衛門の白熱したやり取りに入り込んでしまい、冷静に観察できませんでした(涙)
相手役:梅川の壱太郎さんは籐十郎さんのお孫さんでしたが不自然ではなく、藤十郎さんの美しさと若さに驚きました!連獅子は翫雀さんと愛之助さんという珍しい組み合わせで、若々しくダイナミックで華麗な毛振りが会場からも拍手喝采でした。
今年の南座顔見世は今回の「封印切」、藤十郎さんの忠兵衛はそのままで八兵衛が仁左衛門さん・梅川が秀太郎さん!そして今回の珍しいお二人の獅子の毛振りが「石橋」で見ることが出来るので12月が楽しみです!!

これから展覧会や特別展・特別拝観、舞台など目白押しです。
皆さんはどんな予定を立てていらっしゃいますか?


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2009-09-29 22:40 | Other
<< 日傘の片付け方 京都のこっくり白みそのお汁! >>


京都の洋傘製造卸 ・小野内商店 『持っているだけで嬉しくなる傘』をコンセプトに、オリジナルブランド傘やオーダーメイドを始めました。クリエイターのkawoliがお出かけ傘をお作りする日々のことを綴ります。

by 京都 洋傘製造 小野内商店 kawoli
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
link
京都・オーダーメイドの傘 創業1903年 小野内商店

京都・季節を感じる素敵な生活雑貨
TORYBAZAR

京都・坪庭のあるギャラリー
アートスペース感

京都・三条烏丸
乙女文化発信クリエイター  koha*

京都・御幸町四条     心和むヘアサロン
FEVRIER


生活に新たな視点と潤いを提供するプレミアムライフスタイルマガジン +SIGHT

祇園・富美代別棟、FOBA建築のアートスペース
ASPHODEL

検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧