タグ:アート ( 11 ) タグの人気記事

2012も芸術の秋 -イケメン洋画家2-
秋を通り越して『冬』のように寒い日があったりしますが、やはり食欲と同じくらい芸術の秋!
私も小さな頃から絵の世界にいたり、芸術に関わる仕事もしていたので展覧会も増える秋はとても楽しく大好きな季節です。

随分ご無沙汰になっていました、イケメン芸術家シリーズ(いつの間にシリーズに?)。
2年前に紹介したものの(以前の記事はコチラ)、本人写真がなく『どんな人なの?』という声もチラホラ・・・
7月に展示会をさせていただいた「アートスペース 感」さんで現在個展をしている海野厚敬さんのもとを訪ねたのでご紹介します。
f0184004_22525066.jpg
白壁が美しい展示スペースには様々な大きさの小品が心地いいリズムで並んでいます。
f0184004_2253043.jpg
夜に行ったので手前のスペースから中庭・和室を見ると、絵が浮かび上がり不思議な空気感、存在感・・・。
f0184004_22523928.jpg
松山ケンイチさん、嵐の二宮くんにも似ていると噂の作家・海野くん。
独特の世界観、具象のようで抽象、物語のようで心の中の声、何か訴えかけられ考えさせられるような一つ一つの色やカタチ、ぜひ足を運んで感じてみてください。


海野 厚敬 -Atsutaka Unno- 
         「異形の部屋」  

2012.10.16.Tue ~ 10.28.San
      pm1:00 ~ pm 7:00
         10.22(月)休廊

2012新制作京都展 10/16 tue - 28 sun (22mon)
京都市美術館 (要・入場料)
にも同時期出展。
「新作家賞受賞」の大作を出展していますのでこちらもぜひご覧ください。
海野厚敬くんHP http://www.unnono.com/



ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2012-10-24 22:42 | art

そうだ、京都へいこう! -東福寺・泉湧寺-
京都は朝夕涼しくなって参りました。
紅葉は例年11月中ごろくらいから始まるのでまだまだですが、先日友人が京都へ遊びに来たので一緒にお寺めぐりをしてきました!

何度か京都へ来ている友人+その友達だったので、「ザ・観光地」よりは『ゆったりお寺とお庭』をメインに選び、東福寺泉湧寺へ。
f0184004_1621535.jpg
東福寺八相の庭  手前には四仙島(石)と八海(砂紋)を表し、奥には苔生した築山で五山を表現しているそうです

f0184004_16324373.jpg






北庭
重森三玲による作庭



市松模様の敷石とウマスギ苔の対比が、いつまで見ていても飽きませんでした 










f0184004_1623236.jpg
現存最古最大と言われる国宝の三門

f0184004_16325841.jpg






通天橋
ここは京都の広告やCM、はたまた京都が舞台のドラマなんかには必ず登場する、言わずと知れた紅葉の名所です。

紅葉の時期には90分待ち!?ということもあるそう。
まだ紅葉には早かったのですが、それでも緑がとてもきれいで絶景でした。








f0184004_16483096.jpg
東福寺塔頭の芬陀院にも行ってみました
図南亭(茶室)の窓から望む東庭
ここの鶴亀の庭は雪舟が作庭したといわれています。

広い東福寺を堪能するのに3時間もかかったのでもうフラフラ(笑)
泉湧寺に行く前に京阪・東福寺駅まで戻り、お昼ごはんはおうどんを・・・
f0184004_1658164.jpg
通天もみじうどん
湯葉で通天橋を表現し、紅葉の生麩と京風出汁が友人たちにも好評でした!

東福寺駅から歩くこと20分、緩やかな坂道が長く続きすこし息切れがしそうになった頃、ようやく泉湧寺に到着。
f0184004_1733379.jpg
見た瞬間、頭にはもう坂本冬美さんの「また君に恋してる」が流れました
・・・もちろんエンドレス・・・

f0184004_1762884.jpg






泉湧寺は「御寺」と、皇室の御香華院(菩提所)として深い信仰を集めているということで、御座所ではお庭以外の写真はありません。


京都市内のなかでも少し端のほうにあるので、清水寺や嵯峨野のほうに比べると人も少なくとてもゆったりとした時間が過ごせますのでかなりおススメです!







f0184004_17174596.jpg





この二寺を廻るだけでもう夕方・・・

歩いて三十三間堂まで行こうと思っていたのに無理だったので甘味処で一休みして京都東福寺周辺観光は終了しました。










泉湧寺では10月28日から「観○光  KANHIKARI ART EXPO 2010」というアートイベントがあり、お世話になった先生や大好きな作家さんなど多数参加されているので、期間中には再度いこうと思っています!

f0184004_17221564.jpg
2010/10/16(土)~11/14(日)圓通寺
2010/10/28(木)~11/7(日)二条城・清水寺・泉涌寺
時間は各会場により異なりますので下記HPを参照下さい
入場料無料(*ただし各場所の入場料が必要です) 
観○光 HP

京都に来られる予定がございましたらこのイベント中に是非、おススメの泉湧寺・東福寺へ!
もしかしたらどこかですれ違うかもしれませんね・・・


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-10-20 23:05 | Kyoto

芸術の秋2 -イケメン洋画家-
-イケメン- シリーズのようになってしまいましたが・・・
今回ご紹介するのも爽やかな笑顔の友人 海野厚敬くんの展覧会です。
前回と違って作者本人と会場写真はないので、イケメンハンターの方・・・申し訳ございません(笑)
f0184004_0331834.jpg

『雲が速い日』というタイトルの個展でしたが、今年の6月に京都:三条のギャラリー射手座での『POOL』という個展、雨のような、水溜りのようなイメージからつながっていて、今回の会場はそれからもっと、水とか湿気とかの感覚に近いように感じました。

ここ最近はずっと秋晴れの穏やかな日が続いていましたが、私が行った土曜日だけは雨がとてつもない勢いで降っていて、でもそんな外の景色や車の水しぶきの音、ジメッとした空気が会場の雰囲気に合っていました。

出逢った頃からブレずに制作を続けている姿、いまは様々な生徒に伝わっていると思います。
たくさんの言葉で語るよりも一枚の絵で見せる、そんな展覧会だと感じました。


「雲が速い日」 海野厚敬展
2010/10/6 tue - 10/17 sun
11:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
京都造形芸術大学 ギャラリー RAKU 
京都市左京区北白川瓜生山2-116

上記ギャラリーでの天井が高く白い大きなハコでの展覧会と同時に、御所の西にあるパレスサイドホテルの1Fロビーでも10月23日まで作品展示をしているらしいので、是非どちらもご覧になってください!
(こちらは9:00 - 20:00 最終日は18:00まで)

海野厚敬くんHP http://www.unnono.com/


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-10-12 00:26 | art

芸術の秋1  - イケメン箔画家 -
f0184004_1113548.jpg
以前東京での展覧会をご紹介したことがある、高校時代からの友人・野口琢郎くんの箔画展へ行ってきました。

洋画、写真を勉強してから家業の箔屋さんの五代目の修行をしていて、さらに作家活動を精力的に行なっているという力強い同級生。
今回はまた少し作風が変化した作品になっていて、穏やかな空気が流れていました。
会場は京都の老舗ギャラリーでもある『ヒルゲート』さんの2階。
屋根裏のような造りの部屋には2mほどある大作が2点、小さなお庭が見える窓からの自然光が気持ちのいいカフェスペースの部屋には小品が・・・と様々な表情がある展覧会でした。
会ったり食事に行ったりして話しているのとは違い、出来上がった作品を見るとやはり自分のヤル気ももっと刺激されます・・・私も技術を継承しながらもっと発展・新展開を・・・と改めて思いました。

イケメン野口くんも毎日在廊している予定ということですので、ぜひ皆さんも足をお運び下さい!
f0184004_11132524.jpg

「箔画+」 野口琢郎展
2010/9/28 tue - 10/3 sun
12:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
ギャラリー ヒルゲート 2F
京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町

野口琢郎くんHP http://www.takuro-noguchi.com/


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-09-28 23:23 | art

ちょいっと常滑 まんぷく名古屋
毎日暑い日が続きますがいかがお過ごしですか。
今年は猛暑のせいか、日傘のご依頼をまだまだ多くいただいているので忙しくも嬉しい悲鳴!なのですが、自宅の仕事場には直接のクーラーがなく・・・暑さに弱いアミ部長の為の隣の部屋からの冷気に頼り・・・涼しげに寝てる部長を横目に(笑)、少しでも早くお手許にお届けできるように頑張っています!

f0184004_22421514.jpg

さて、暑い時には暑いところでしっかり食べる!
という家訓?のもと、休日に友人の展覧会を見に常滑と名古屋へ行ってきました。


常滑は名古屋から50分くらいの海が近い街で、日本六古窯の一つです。




目的地はINAXの美術館。


駅から美術館までの道のりは歩いて40分くらいかかるのですが、窯元が沢山ある「やきもの散歩道」というノスタルジックな雰囲気の街並みがありとっても楽しめました。




f0184004_2248365.jpg




10本の煙突がある重要有形民俗文化財の登り窯。





地図を片手に迷路のような路地をくねくねウロウロ。


でもそこは生活の場でもあり・制作の場でもある、観光地という側面だけじゃない不思議な空間・空気感でした。






f0184004_2381578.jpg
f0184004_2362342.jpg
散歩道半ばにある小高い丘はすっかり夏!古民家を改造した手打ちのお蕎麦屋さんで「鬼おろし蕎麦」を食べ、パワー充電してまた歩き出しました。
f0184004_23104943.jpg


INAXの美術館は広い敷地に美術館・資料館と体験工房、ギャラリーなどがあり、とても素敵なところでした。



作家である北本裕二くんに作品のことや制作のことを聞き、こんな大きな仕事をしていたんだーと刺激ももらい、愛知に住む共通の友人Ⅰ君と合流しみんなで昔話を楽しみながら夕飯食べたり・・・すごく充実した常滑でした!



左の写真はカフェ・piazzeriaでのスイーツセット・・・

このほかにも再び帰りにやきもの散歩道で、有名な天然酵母のパンやさんのパンとソフトクリームを食べてお腹も大満足の常滑。

f0184004_23324032.jpg
名古屋へ移動してもコメダ珈琲でモーニング、あつた蓬莱軒でひつまぶし・・・食べすぎなくらい食べてエネルギー充電してきました!!
これで10日くらいは頑張れるかな・・・
f0184004_2333119.jpg



暑くて食欲も無くなりがちかもしれませんが、こんなときこそモリモリ食べて元気に夏を乗り切りましょう!


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2010-08-04 23:45 | art

笑いの芸術と人間国宝の技!
まだ少し暑さも残る日もありますが、一足早く「芸術の秋!!」
を肌で感じてきました。

f0184004_2144218.jpg
まずは大阪・松竹座での『松竹新喜劇 60周年記念公演
歌舞伎、オペラ、宝塚歌劇、劇団四季、落語、現代劇etc・・・様々な舞台は観劇していますが、松竹新喜劇は初めて。
で・・・目から鱗でした!
関西では新喜劇といわれるものもTVで見慣れているはすなのですがそれとは全く違い、舞台としてのストーリーや笑いのグレードが高く、初めの演目は現代劇風の「裏町の友情」は涙を誘う物語、特別出演の劇団と縁のある方々と劇団員さんの口上をはさみ、藤山寛美さんの十八番だった「鼻の六兵衛」のリメイク「鼻のお六」は歌舞伎の世話物のような舞台・・・とバラエティ豊かな3本立て。三代目渋谷天外さんの絶妙な間と動き、藤山直美さんのお六の所作や演技、まさに感動的な芸術でした!!
周りは両親くらいの夫婦や年配の方々ばかりで、私と友人の若い?女性2人組は少々浮いていましたが、こんなにも面白くて素晴らしいのに勿体無い!と思います。
10月4日まで公演をされているようなので若い方にももっと見ていただきたいです。

そしてもう一つは京都造形芸術大学内にある劇場・春秋座での四代目坂田藤十郎さんの「近松座」。演目は『ご挨拶』『封印切』『連獅子』でした。
大好きな演目2つにとてもワクワクしていました・・・ら、席に着くと私の前の方々が・・・・・
f0184004_21581679.jpg
宮川町の舞妓さんや芸子さん方ばかりで勝手に緊張してしまいました(笑)
封印切はとても思い入れのある演目で、封印を切るときにはそれぞれの「型」があるというもの。
以前見た仁左衛門型とはどう違うのかな~なんて思っていましたが、藤十郎さんの忠兵衛と愛之助さんの八右衛門の白熱したやり取りに入り込んでしまい、冷静に観察できませんでした(涙)
相手役:梅川の壱太郎さんは籐十郎さんのお孫さんでしたが不自然ではなく、藤十郎さんの美しさと若さに驚きました!連獅子は翫雀さんと愛之助さんという珍しい組み合わせで、若々しくダイナミックで華麗な毛振りが会場からも拍手喝采でした。
今年の南座顔見世は今回の「封印切」、藤十郎さんの忠兵衛はそのままで八兵衛が仁左衛門さん・梅川が秀太郎さん!そして今回の珍しいお二人の獅子の毛振りが「石橋」で見ることが出来るので12月が楽しみです!!

これから展覧会や特別展・特別拝観、舞台など目白押しです。
皆さんはどんな予定を立てていらっしゃいますか?


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2009-09-29 22:40 | Other

フィンランドに行きたい・・・
f0184004_2264739.jpg

今日は京都の四条通富小路を少し下がったところにある徳正寺で
日本とフィンランド、映像で綴る地域文化交流プロジェクト「いつもの風景」という
上映会とシンポジウムの受付とお手伝いをしました。

兵庫県・豊岡市竹野町と、フィンランドのハメーンリンナ・ハウホ村の自然や人々の生活風景などの
四季折々の「いつもの風景」をドキュメンタリーフィルムを観賞し、それを撮影された双方の映像作家の方々のディスカッションがありました。

映像プロデューサーや作家の方々が素晴らしいだけでなく、『いつもの風景』のはずなのにハウホ村も竹野町もこんなに空気が透き通っていて素敵なんだ・・・、
『私のいつもの風景』もこんなにキラキラしていることを忘れていた・・・と気づかされました。

この上映会とシンポジウム、昨日は兵庫県・豊岡市出石町、今日はこの京都とすでに終わっていますが明日最終日は大阪の中央公会堂であります。定員がありますので事前申し込み制ですが、席が空いていれば当日でも入場できますので、ご興味がある方はお問い合わせ下さい!
9月14日(月) 19:00~ 中央公会堂(大阪)
当日参加費:1200円
定員150名
http://www.youtube.com/watch?v=5ZYMGP6YnOA

また、この京都の会場にもなった「徳正寺」さんは・・・
知る人ぞ知る「木の上の茶室 矩庵」があるんです!
f0184004_22433813.jpg
三又に分かれた栗の木の上になんとも心地いい空間が広がっています。
f0184004_22441983.jpg
実は数年前とてもラッキーなことに、ある歌舞伎役者さんにお連れ頂き一度訪れていました。
そのとき無知な私はこの茶室でお手前を頂いた時に「秋野不矩さんの美術館に似てますね」と
言ってしまいましたがそれもそのはず・・・
静岡にある秋野不矩美術館も設計された藤森照信さんが手がけられました。
矩庵の『矩』は日本画家・故 秋野不矩さんの『矩』
こちらのご住職は秋野不矩さんのご子息なのでした。

今日ご来場いただいた方々は普段入れないこの茶室も皆さん自由にご見学され、
上映会だけでなく楽しまれていました。



ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2009-09-13 23:09 | Kyoto

ちょっとだけGW
終わってしまいました、お休み。
・・・といっても製造業にGWはありません。
4月末に急ぎの仕事が増えるのは何故でしょう???
お休み明けには出来てるなんて錯覚です。
とはいえ、頑張りました。

遠出といえば大阪キタまで・・・
いつも行かない地域が中心だったので、見る風景がとても新鮮でリフレッシュできました。
f0184004_1355148.jpg
ココは阪急梅田と十三の間にある「中津」の商店街。
京都の東山にある古川町商店街に似た感じの古き良き風景。
見事にお休みですが、この商店街裏にあるPANTALOONというギャラリーで行なわれていた
森太三さんの展覧会に行って来ました。
写真でしか作品をみたことがなく、実際に体感したいなと思ってたのですが、PANTALOONさんの素敵な空間と、森さんの素材感や静かな時間の揺らぎが感じられる・・・落ち着くような。胸騒ぎがするような。。そんな想像以上の展覧会でした。

このあたりが地元という大学時代の友人と、迷いつつもふらふら中津を楽しく散策して、ランチはカンテ・グランデで。
f0184004_221567.jpg
お店の入り口には沢山のお花が咲いていて、この時期はジャスミンの香りがお店の中まで入ってきていていい香り!チーズとハムが巻かれたほうれん草のチャパティ、タンドリーチキンの巻かれたチャパティにチャイでほっこり。
学生の頃、裸婦デッサンの授業で仲良くなったモデルさんに、このお店の丸ビル店に連れて行ってもらったなーなんて思っていたら、このお店はウルフルズのトータス松本さんがバイトしてらしたとか!トータスさんの手書きのイラストなんかもあって落ち着く空間でした。

その後も阪急の線路西沿いの、京都では見られない様な幅の広い線路たちとか、工場とか、梅田再開発地帯を裏側からふらふら歩きつつ覗き見ました。
知ってる場所・よく行く場所も、裏から見るとまた違った表情に新たな発見があったり、楽しいですね。

ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2009-05-07 02:24 | art

日帰り金沢
金沢に行ってきました。
朝8時に京都を出て、車で3時間半・・・意外と遠いのですね。

金沢の陶芸家 大樋焼本家 十代長左衛門窯のギャラリーと美術館へ行きました。
f0184004_1533774.jpg
十代大樋長左衛門(年朗) さんと年雄さんにお会いでき、楽しくお話をさせて頂きました!
年雄さんは海外でも客員教授をされていたり講演を行なわれているのですが、「僕は陶芸家だから海外でも身体一つで行き(道具などは持っていかなくて)その土地にあるもので制作する」と仰っていたのが印象的で、自分の身体だけで何かを表現できるって素敵だな・・・と。すごくシャープなようで温かみがある作品に惹かれていましたが、そのお人柄もにじみ出てるから魅力的なんだと思いました。


金沢では回り寿司も美味しい!と聞いていたので小洒落た回転寿司屋サンへ・・・
f0184004_15403223.jpg
f0184004_15405031.jpg
ランチというのがあって1050円でこの内容!しかも新鮮!!
美味しかったぁ。。。


21世紀美術館で「杉本博司 歴史の歴史」と「コレクション展II」を見てゆったりとしました。
f0184004_1441681.jpg
レアンドロのプール(このプールは透明のガラスの上に深さ約10cmの水が張られているだけで、ガラスの下は水色の部屋なので、部屋に人が入ると沈んでいるみたいに見えます)


夕方にはギリギリ近江町市場に滑り込み、珍しいお魚や加賀野菜を見て楽しみました。
f0184004_15342576.jpg
今の時期、蟹さんが沢山並んでいました。最近の京都の錦市場は観光の方むけのお店が多くなってきて、ちょっと高かったり土産物的なものばかりで京都人の生活に密着した感じではなくなってきたと思っていたので、こちらの近江町市場はお野菜も新鮮で安いし、観光の方ばかりじゃなく普段のお買い物も便利そうで羨ましかったです・・・

今度はちゃんとリサーチして、和菓子を沢山買いに行きたいです。
オススメの和菓子屋さんがありましたら情報お待ちしています↓
 

ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-12-20 22:25 | Other

信楽・たぬきのガチャガチャ!!
友人が信楽のアーティスト・イン・レジデンスのスタジオアーティストになっていて、今月が最後ということで制作風景の現場を見せてもらいに行きました。京都の私の家から車で約1時間、そんなに遠くないのに風景はホントにのどかで空気がきれいなところに信楽の陶芸の森はあります。京都より少し寒いので紅葉もきれい!
まずはその森の奥にある「滋賀県立陶芸の森 陶芸館」で開催している『やきもの動物パラダイス-バーナード・リーチから形象土器へ-』を観に行きました。
f0184004_2219232.jpg
河合寛次郎や陶芸の森のゲストアーティストになられていた現代作家さんの作品も沢山陳列されていてとても見ごたえがあり、動物がテーマなのでかわいい作品も並んでいて楽しかったです。
この展覧会は平成21年4月12日(日) まで
(月曜休館。月曜日が祝祭日の場合はその翌日。但し、9月22日(月)は開館。
平成20年12月22日(月)~平成21年3月13日(金)まで冬期休館)



そして友人と合流!
高さ2Mくらいまで焼けるという大きなガス窯や各国から滞在しているア-ティストさんを紹介してもらいつつスタジオ(工房)を案内してもらっていると「今日は珍しく登り窯で焼成してるから是非見て」とスタッフの方が声を掛けて下さったので、お言葉に甘えて見せていただきました。
f0184004_2314763.jpg
とても大きい窯で、薪も生木の大きいものを入れてあり近くに行くと熱い!熱いっ!!
初めて見る光景だったので興奮して色々見回って質問してしまいました。

とても長い時間友人の作業の邪魔をしてしまいましたが(親切に案内してくれてありがとう)・・・その後は森をあとにして、お昼を食べてから佐川美術館に向かい、1年前に出来た樂吉左衞門館に初めて行きました。展示室の設計にも樂吉左衞門さんがこだわられたということで、光と闇の空間がとても幻想的でした~
f0184004_23241886.jpg
                       途中でみたひつじ雲


f0184004_23344385.jpg
   定番!信楽土産のたぬき VS 新定番!!宮本ルリ子さんの陶製たぬきガチャガチャ

一つ一つ手作りらしく、数に限りがあるということで・・・もちろんチャレンジ。
8種類+スペシャルのたぬきが入っているらしく、あのかわいいのが欲しいと思って回すと
イカツイのが出てきてしまった(悲)
サングラスはかけてるし、おでこには傷があるしやんちゃ坊主で初めはかなり落ち込みましたが毎日眺めているとかなり愛着がわいてきて・・・手が掛かる子ほど何とやらで、2人は仲良くやってます。*関西で言うガチャガチャは関東ではガチャポン(ガシャポン)と言うみたいですね。

ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-11-11 23:55 | Other


京都の洋傘製造卸 ・小野内商店 『持っているだけで嬉しくなる傘』をコンセプトに、オリジナルブランド傘やオーダーメイドを始めました。クリエイターのkawoliがお出かけ傘をお作りする日々のことを綴ります。

by 京都 洋傘製造 小野内商店 kawoli
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
link
京都・オーダーメイドの傘 創業1903年 小野内商店

京都・季節を感じる素敵な生活雑貨
TORYBAZAR

京都・坪庭のあるギャラリー
アートスペース感

京都・三条烏丸
乙女文化発信クリエイター  koha*

京都・御幸町四条     心和むヘアサロン
FEVRIER


生活に新たな視点と潤いを提供するプレミアムライフスタイルマガジン +SIGHT

祇園・富美代別棟、FOBA建築のアートスペース
ASPHODEL

検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧