<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

傘の大手術?!
今回は生地に思い入れのある大切な傘が雨漏りしてきたので日傘でも使えるようにどうにか張り替えて欲しいというご依頼でした。
いつもは「骨を生かして生地を張り替える」という作業ですがこの傘はその反対です。

問題なのはフリル部分と20年近くお使いになられているという生地の磨耗した部分。
フリルがグルッと一周回っているのと、雨傘の薄い生地なのとでフリルを外してしまうと生地に穴が開く。。。
元の傘は54.5cmの長傘でしたので、生地が痛んでいない部分を最大に使い45cmに縫製しなおすことをご相談し、出来るだけ傷つけないように裁断ギリギリまでフリルをつけたままにしました。
f0184004_2050419.jpg


出来上がりはこんな感じになりました。
f0184004_20515871.jpg
          左が 元の傘  54.5cm         右が 張り替えた後の傘  45cm

どうでしょうか?
小さくなってもエレガントさは変わらず、小振りになったぶん手元も小さくしたのでまた違った可愛いさが生まれたようにも思います!
本当に大切にお使いいただいている傘を違った形でお手元にお届けでき、「命が吹き込まれ 第二の人生ならぬ ☆素晴らしい第二の傘生☆が送れます!」とのお言葉・・・嬉しい限りです。

   傘骨:45cm 8間ショート
   露先:丸小 アンティーク(no.2)
   留具:以前のまま使用
   手元:籐 こげ茶(no.8)


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-11-27 21:08 | Umbrella

様々な盌(わん)のある風景
前にも紹介した京都の北区紫野あたりにあるギャラリー、アートスペース感さんに行ってきました。他のギャラリーとは違いギャラリースペースと和室、坪庭を活かしての展示ができる素敵な空間なので、作家さんによっても展示方法が違うし、時間によってもいろんな見え方を楽しめるのでいつも行くのが楽しみなんです。

案内ハガキは沢山の陶芸家・伝統工芸家さんの名前のなかに現代アート作家・写真家の名前がズラリ、「感」さんでは初めてのグループ展とのことで興味津々・・・
f0184004_1404493.jpg
今回は「盌(わん)にあそぶ」というタイトルで和室には京都在住の作家さんを中心にお煎茶の
道具一式が飾られ、床の間には今回初めて盌の絵付け作品も出品されている写真家の鈴鹿芳康さんの写真と、眞板雅文さんの竹のオブジェがモダンな雰囲気を作り上げていました。
f0184004_1412536.jpg
ギャラリースペースには京都だけでなく、金沢や土岐、三重、東京などの作家の方々の抹茶盌が特注のすごく美しい棚に飾られていて、眞板さんの竹が聳え立ち、なんてシャープな空間!

パラミタ陶芸大賞展などでも「いいなぁ・・・」と思っていた内田鋼一さんや青木良太さん、新里明人さんの作品が並んでいたり、金子透さんの銀板で出来た美しいフォルムの盌、山田晶さんの緋色の碗・・・(全ての作家さんの説明が出来ていませんが)皆さん一つ一つとても印象的な作品で、あまり嗜みがない私でも「この盌でお抹茶を飲んだら楽しくなる!」と拝見しながらワクワクし、いろんな想像力をかきたてられるような作品達でした。

11月30日(日)までなので週末京都へ来られる方はいってみてください。
今宮神社や大徳寺にも歩いていける範囲なので、市バスの一日乗車券(500円←オススメ)でぜひ!

アートスペース感さんの行き方はhttp://www.artspace-kan-kyoto.jpまで
*写真は許可を頂いて撮影しています



ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-11-27 15:35 | art

京の伝統と技
皆さんは「箔」というとどんなイメージですか?
私は日本画を勉強していたので、実際に見たり取り扱ったりして身近なものでありますが、
普段の暮らしでは美術館や伝統工芸などに使われているとか、ちょっとイイトコでお食事したら飾りに使われている遠い存在・・・といった感じでしょうか。

f0184004_21392368.jpg
高校からの友人 野口琢郎くんが12月に東京の大丸で個展開催が決まり、その前のこの3連休に自宅で新作披露会を行なうというので見に行ってきました。
友人は京都の西陣で明治10年から続く箔屋さんの次期五代目。
家業の修行を2001年から始め、同時に漆と金・銀・プラチナ箔を使い伝統的な技法で箔画という斬新な作品も発表していっている、素敵で大切な友人の一人です!

忙しいのにその仕事量の多さと緻密さに脱帽でした。。。
私はまだまだ甘いな・・・見習わないと!
元気をもらいました。

「ちょっと遠い存在」の箔を身近に感じてみてください。


野口琢郎 箔画展
12月3日(水)~9(火)
10:00~20:00 
*木・金は21時、最終日17時閉場

大丸東京店 10階 アートギャラリー




ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-11-24 22:12 | art

御所の紅葉と京の和菓子
こんばんわ。
サーバーのトラブルでHPの方がここ3日ほどつながらなかったのでご迷惑おかけしました。
やっと復旧できましたのでご報告します。
このおかげで頭がカチカチになるくらい勉強?というか調べ物?しました。
原因は結局良くわからないのですが・・・これでやっと私の3連休が始まりました。

とりあえず気分転換に自転車で御所へ・・・
いやいや、京都はどこへ行ってもヒト・ヒト・人・人!!
走っていくバスもぎゅうぎゅうで歩道も人だらけ。
「お祭りあったっけ?」
ちょっと考えてしまいました。

f0184004_2264478.jpg
でも、ちゃんとHPが表示されるようになったので私の気分はこの御所の青空のよう!
御所は広いから人があんまりいないみたいに見えますね(笑)

f0184004_22141918.jpg

f0184004_2214518.jpg
こんなに綺麗に紅葉していましたよ!

そのあと更に西に自転車を走らせて「鶴屋吉信」さんへ
関東などにも支店を出されているので有名な和菓子屋さんですが、こちらの本店では2階の菓遊茶屋で職人さんが目の前で和菓子を作って下さるんです!
f0184004_22225987.jpg
こちらはこなしの製造風景

f0184004_22281753.jpg
こちらはきんとんの製造風景

あっという間に出来てしまいました!
その間も色々と手順や技法などお話くださり、職人さんの技に感激しました。
f0184004_2231132.jpg
                 樹林の秋         御園菊
樹林の秋」は凍り餅が雪をイメージするようにはんなりした色合いの繊細なきんとんに降りかかり、中は優しい味のつぶ餡でした。
御園菊」は中心が白餡で周りが桃色と白いこなし生地になっていて、手の上で魔法のように二色が美しく混ざり合っていきました。

お抹茶もふくよかで、ふんわり優しくて幸せな気分になれました。
作りたてって本当に美味しいですね。

そして帰りは出町柳の商店街に寄りました。17時過ぎだと言うのに「ふたば」にすごい人がまだ並んでいてビックリ。こんな時間まで??
豆餅人気恐るべしです!
そしてそして叡山電鉄出町柳駅横を通ったら、またまた人の多さに自転車から転げ落ちました。ローカルな単線路面電車なのにあんなに込み合っているなんて・・・
カーブでひっくり返らないか心配してしまいました(笑)

あと2週間くらいは自転車移動が賢明のようですね。


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-11-23 22:26 | Kyoto

大きな柄が素敵なアンティーク調の高級日傘
f0184004_1136119.jpg
今回お創りさせていただいたのはクラシックな模様の生地とレースを使っての日傘。
娘さんが当店のオーダーメイドで素敵な日傘を創られたので・・・ということで親子でオーダーいただきました。
f0184004_11353928.jpg
大きな柄がとても印象的でしたのでどうにか柄合わせをしっかりして1つの模様に・・・と思いご提案させていただき全体をこのように縫い合わせました。万華鏡のような一つの素敵な柄になり、気に入っていただいたようで良かったです。
柄ものの生地は大きさにより無駄なく柄合わせが出来る場合と、柄を合わせるために使わない生地が沢山できてしまう場合がありますが、今回はレースも生地も計ったかのように残りがほとんど出ずに制作できましたのでこちらもビックリしました!
f0184004_1140271.jpg
f0184004_1157418.jpg
一般的に販売されている日傘とは違い、重厚感のある生地とレースですので生地にレースをつけてから傘の形に裁断し、レース部分の透け感が濃い色でも涼しげな印象でオーダーならではの1本になりました。
そして、その雰囲気に負けないのは・・・以前このダイアリーでも紹介させていただいた漆の手元。その質感も加わって更に高級感のある傘になったと思います。
ぜひ親子で日傘をさしてお出かけ下さいね!


   傘骨:45cm 10間(木/こげ茶)
   露先:木 露大(no.19)
   留具:ボタン(お客さまのボタンを使用)
   オプション:レース付け
          傘袋 片紐
          漆手元 彫





「想い」を形にします。ご提案・デザインもさせて頂いていますのでお気軽にご相談下さい。
ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-11-18 12:20 | Order Made

小さなビストロで晩餐会
秋です!やっぱり食欲旺盛です!!
お稽古事のお友達が結婚して九州に行かれるので女4人で晩餐会。
会場は出町柳にある『Bistro Cerisier(ビストロ・スリージェ)』を選びました。
お店がお向かいに移動してから初めてだったのですが、少し広くなって映画に出てきそうなパリのビストロって感じにもっと可愛くなっていました。
さてさてお食事ですがメンバー全員「食べるの大好き」だったのでメニュー決めるのもあれやこれやで一苦労・・・とりあえず、他ではあまり食べられないもの、作れないものを食べようということで30分くらいかけて選びました。
f0184004_134853.jpg
        まずは左・鯖のテリーヌと右・フォアグラと鴨のサラダ仕立て
前菜には完璧~。素材の味がしっかりしていてこれからの食欲をもっとそそる2皿でした。

f0184004_164855.jpg
                次に蟹と帆立の・・・なんだったかな。
ちょっとスフレのような感じの食感でした。蟹の風味が封じ込められていてふんわり口の中に広がって・・・もちろんパンにたっぷり染み込ませてスープまでしっかり味わいました。

f0184004_125848.jpg
                    蛙のソテー プロバンス風
カエルちゃん。何度か食べたことがあるのですが、ここのはとても柔らかくて美味しいです。たぶんカエルって言われなければ全然判らないくらい。

まだまだ食べますよー。

f0184004_1375226.jpg
         お次はこのお店の顔とも言えるカーン風トリップ
内臓系はテッチャンとか苦手であんまり食べたことがなかったのですが、柔らかくて臭くなくて美味しかった!煮込んだスープがとてもとても深い味でお皿が綺麗になるまでパンをおかわりしていただきましたよ。

f0184004_1433666.jpg
                      ガチョウのコンフィ
 

ときて、デザート3連続いきます。
f0184004_1462995.jpg
             アーモンドのブランマンジェとキャラメルアイス

f0184004_1472112.jpg
                   チョコレートのテリーヌ

f0184004_148165.jpg
                         サバラン

あー、ほんと大満足でした。写真を見るだけでも良い香りがしてきそうじゃないですか?
どのお料理もワインと良く合うので白・赤・赤とはずみ、楽しい時間をすごさせていただきました。この日も予約で満席だったので行かれる前には予約をオススメします!


ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-11-14 23:54 | Food

信楽・たぬきのガチャガチャ!!
友人が信楽のアーティスト・イン・レジデンスのスタジオアーティストになっていて、今月が最後ということで制作風景の現場を見せてもらいに行きました。京都の私の家から車で約1時間、そんなに遠くないのに風景はホントにのどかで空気がきれいなところに信楽の陶芸の森はあります。京都より少し寒いので紅葉もきれい!
まずはその森の奥にある「滋賀県立陶芸の森 陶芸館」で開催している『やきもの動物パラダイス-バーナード・リーチから形象土器へ-』を観に行きました。
f0184004_2219232.jpg
河合寛次郎や陶芸の森のゲストアーティストになられていた現代作家さんの作品も沢山陳列されていてとても見ごたえがあり、動物がテーマなのでかわいい作品も並んでいて楽しかったです。
この展覧会は平成21年4月12日(日) まで
(月曜休館。月曜日が祝祭日の場合はその翌日。但し、9月22日(月)は開館。
平成20年12月22日(月)~平成21年3月13日(金)まで冬期休館)



そして友人と合流!
高さ2Mくらいまで焼けるという大きなガス窯や各国から滞在しているア-ティストさんを紹介してもらいつつスタジオ(工房)を案内してもらっていると「今日は珍しく登り窯で焼成してるから是非見て」とスタッフの方が声を掛けて下さったので、お言葉に甘えて見せていただきました。
f0184004_2314763.jpg
とても大きい窯で、薪も生木の大きいものを入れてあり近くに行くと熱い!熱いっ!!
初めて見る光景だったので興奮して色々見回って質問してしまいました。

とても長い時間友人の作業の邪魔をしてしまいましたが(親切に案内してくれてありがとう)・・・その後は森をあとにして、お昼を食べてから佐川美術館に向かい、1年前に出来た樂吉左衞門館に初めて行きました。展示室の設計にも樂吉左衞門さんがこだわられたということで、光と闇の空間がとても幻想的でした~
f0184004_23241886.jpg
                       途中でみたひつじ雲


f0184004_23344385.jpg
   定番!信楽土産のたぬき VS 新定番!!宮本ルリ子さんの陶製たぬきガチャガチャ

一つ一つ手作りらしく、数に限りがあるということで・・・もちろんチャレンジ。
8種類+スペシャルのたぬきが入っているらしく、あのかわいいのが欲しいと思って回すと
イカツイのが出てきてしまった(悲)
サングラスはかけてるし、おでこには傷があるしやんちゃ坊主で初めはかなり落ち込みましたが毎日眺めているとかなり愛着がわいてきて・・・手が掛かる子ほど何とやらで、2人は仲良くやってます。*関西で言うガチャガチャは関東ではガチャポン(ガシャポン)と言うみたいですね。

ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-11-11 23:55 | Other

エレガントな二重張り日傘
どんどん寒くなり、太陽の光も弱くなってきましたが・・・
実はこれから3、4月くらいまでが傘の製造卸にとっては日傘の季節なんです。
と言うのも、いまは来期(2009年春・夏)に各ブランド、デパートの店頭に並ぶ日傘の企画・見本・製造が始まったので、皆さんより早く綺麗な日傘を見て楽しんでいます。
それは残念ながらお伝えできないのです!すみません。

でも、綺麗な傘をご紹介します。
f0184004_23261944.jpg

こちらは当店のORDER MADE UMBRELLAでご注文をいただきました刺繍レースのオーガンジーと白いジャガード織生地の二重張りの日傘です。二重張りというのは透ける生地と透けない生地を選び生地を2枚重ね合わせて作る傘なんですよ。
以前にもご注文を頂いたお客様ですので、今回はもっともっと創造力が膨らんだようでとっても凝った素敵な傘をご注文戴きました!
f0184004_23423172.jpg

f0184004_2346987.jpg傘を差して見るとこんな感じでジャガードの生地が浮かび、表の生地の刺繍模様も影になってきれいです。傘の生地がどんなに気に入っていても、差しているご本人にはあまり見えなかったりするのですが、二重張りにすると下になる生地は中が表になるので、きれいな生地を見ながら差していてもとても気持ちが華やかになります。レースは後付けにしたので露先は表からは見えない工夫もさせていただきました!

傘袋もお作りしましたので、保存しておくのもかわいくてお部屋に飾っていてもいいですね!


   傘骨:45cm 8間(木/こげ茶)
   露先:木 露大(no.19)
   留具:ボタン(お客さまのボタンを使用)
   オプション:レース付け
          傘袋
          二重張り
          漆手元 ねじれ
      



自分のための傘、持っているだけで楽しくなる傘、誰かの為の思いのこもった傘・・・お創りしています!
ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-11-08 00:08 | Order Made

隠れ家的ビストロのランチで幸せ・・・
3連休いかがお過ごしですか?
私は連休ながら半分仕事してましたが、楽しいことも沢山あったのでまとめて写真をアップします!

まずはタイトルにもあるビストロのランチ、御幸町錦上ルの小さなビストロ
『Bon Morceau(ボン・モルソー)』ランチコースは前菜4品、主菜5品の中から一つづつとデザート又はチーズとコーヒー又は紅茶が付くのですが今回前菜に「本日のスープ」を選びました。
f0184004_15591198.jpg

本日のスープはマッシュルームのスープ
じっくりとソテーしたマッシュルームの甘みが濃厚な味わい深いスープで、量も結構あったはずなのに一口めから最後まであっと言う間になくなってしまいました。
色々なマッシュルームのスープを飲んだことがありましたが何だか初めての感覚で、最初のメニューでかなりの満足(笑)

主菜は「そば粉のクレープ
f0184004_16204329.jpg

こちらの主菜はとってもボリュームがあるので今回はクレープにしました・・・というよりクレープが好きなんですけどね。濃い味の生ハムと半熟めの卵、とろけるグリュイエルチーズがモッチモチ生地と合います!

f0184004_16285820.jpg

(友達は本日の魚料理+210円を選択)「鯛とホウボウのポワレ パプリカのソース
脂がのった魚でとてもふっくらポワレしてあり、パプリカ~なソースが美味しかったです。

デザートは2種類あったので1つづつ選択。
f0184004_16321473.jpg

アーモンドのブランマンジェ」と「クレームブリュレ
どちらも美味しくて、ランチコースの締めにもバッチリでした。
しかも、このお店一番素敵なのがホールの女性の方。
お店って味が一番ですが、やはりそれをかもし出すお店全体や働いている方の雰囲気も大切だと思うのです。。。(それは物を創る私たちにも言えることかもしれません。精神的なもの、人間的なものが作るものすべてに現れると思うので。)

だからこそ大好きなお店です。
壁にはちっちゃな絵が沢山掛けてあってとてもかわいく、お店の中はホントにフランスの小さなビストロのようなので一度行ってみてください。



f0184004_17175652.jpg
あとは、大阪での友人のライブに行ったり








f0184004_17182144.jpg栗を沢山頂いたのでケーキを作ったりしてました。栗は渋皮煮にして小さいものや煮崩れたものをペーストにして生地に混ぜ合わせ、大きいものはごろごろ埋め込んで焼きました。何か作るという作業が好きなので料理も大好きで、京都の北西にもアトリエ(工房)があってご近所の農家の方がよくお野菜など取れたての美味しい無農薬のものを下さるので、時々はケーキなどにしてお返ししたりしています。

ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2008-11-03 17:26 | Food


京都の洋傘製造卸 ・小野内商店 『持っているだけで嬉しくなる傘』をコンセプトに、オリジナルブランド傘やオーダーメイドを始めました。クリエイターのkawoliがお出かけ傘をお作りする日々のことを綴ります。

by 京都 洋傘製造 小野内商店 kawoli
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
link
京都・オーダーメイドの傘 創業1903年 小野内商店

京都・季節を感じる素敵な生活雑貨
TORYBAZAR

京都・坪庭のあるギャラリー
アートスペース感

京都・三条烏丸
乙女文化発信クリエイター  koha*

京都・御幸町四条     心和むヘアサロン
FEVRIER


生活に新たな視点と潤いを提供するプレミアムライフスタイルマガジン +SIGHT

祇園・富美代別棟、FOBA建築のアートスペース
ASPHODEL

検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧