気分が晴れる傘に変身した「ステッキ雨傘」
f0184004_14282630.jpg

11月になリました。

京都はそろそろ山も色づき始め、紅葉を見にこられる観光の方や車も日に日に多くなっています。



今回ご紹介するのは、傘の中棒部分がステッキになった珍しい雨傘の張替えです。

以前、お客様から「足が悪いのでステッキにもなるような雨傘も作って欲しい・・・」とご要望をいただいたこともありますが、作られているところはあったのですね。

張替えというのは、普通の傘の形でも骨の製造国・年代・会社によって規格が様々で、その骨によって傘の生地の裁断型も変わってくるので本当に難しい作業です。



当店で張替えのご依頼をお受けするときは親骨の長さや間数・中棒の太さをご連絡いただき、数字上で可能と判断させていただいてから傘を送っていただくのですが、今回お送りいただいたとき「ステッキになっている!」と驚きましたが、中棒がステッキになっている以外は殆ど通常の傘のつくりと変わりもなく、太さもフォルムも問題がなかったので順調に張替えが出来ました。
f0184004_14452114.jpg
              張替え前       と        張替え後
f0184004_14334626.jpg

f0184004_1434682.jpg

「きれいな色で気に入りました。
持ち歩くのが楽しみです。」


「もう一本の傘も、いずれ張替をお願いするとして、自分用に新しい傘を買うことはもう無さそうです。」と仰っていただき、愛着の持てるものを大切に永くお使いいただけることをとても嬉しく思います。

長傘(雨傘張替え・傘生地 キュプラ100%  紋 ペールグリーン)
*生地以外の骨・石突・露先などは元のものを使用



大切にお使いいただいていても、傘は使うもので消耗品であるという側面から、どうしても生地の焼けや傷みは避けられません。そして使い方が間違っていれば生地が破れたり、防水が剥げてきたり、骨が曲ったり錆びたりします。
でも、しっかりと丁寧にお使いいただいていると上の生地を張り替えるだけで半永久的に使い続けられるという可能性も持っています。


傘に限らず、ずっと大切にお使いいただけるように・・・という想いが少しづつ浸透して、昔の日本のように丁寧に大切に物を扱い[mottainai]がまた普通のことになったらいいな・・・と日々思っています。






ORDER MADE UMBRELLA  小野内商店
http://www.onouchi-kyoto.com

by nottica | 2012-11-06 15:16 | Umbrella
<< もっと知りたい・やさしい手仕事... 2012も芸術の秋 -イケメン... >>


京都の洋傘製造卸 ・小野内商店 『持っているだけで嬉しくなる傘』をコンセプトに、オリジナルブランド傘やオーダーメイドを始めました。クリエイターのkawoliがお出かけ傘をお作りする日々のことを綴ります。

by 京都 洋傘製造 小野内商店 kawoli
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
link
京都・オーダーメイドの傘 創業1903年 小野内商店

京都・季節を感じる素敵な生活雑貨
TORYBAZAR

京都・坪庭のあるギャラリー
アートスペース感

京都・三条烏丸
乙女文化発信クリエイター  koha*

京都・御幸町四条     心和むヘアサロン
FEVRIER


生活に新たな視点と潤いを提供するプレミアムライフスタイルマガジン +SIGHT

祇園・富美代別棟、FOBA建築のアートスペース
ASPHODEL

検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧